南アフリカ共和国

南アフリカ共和国 PDFdownload original edition $9.99 (free for members) | Paperback

Author: Wikipedia (That means the book is composed entirely of articles from Wikipedia that we have edited and redesigned into a book format. If you would prefer to read the unedited articles in their old format for free, we have provided a list of the article titles under "chapters" below. Simply go to Wikipedia and use their search form to locate each individual article.)

Language: JA

Pages: 163

Year published: 2011

Chapters: 南アフリカのスポーツ, 南アフリカの民族, 南アフリカ共和国の人物, 南アフリカ共和国の地理, 南アフリカ共和国の政治, 南アフリカ共和国の文化, 南アフリカ共和国の歴史, 南アフリカ共和国の社会, 南アフリカ共和国の科学技術, 南アフリカ共和国の軍事, 南アフリカ関連のスタブ項目, 南アフリカ共和国年表, アパルトヘイト, ケープタウン, ズールー戦争, ローレンス・ヴァン・デル・ポスト, ヨハネスブルグ国際空港, 209型潜水艦, ケープ植民地, マリッツ反乱, ブブゼラ, ボーア戦争, 真実和解委員会, クワズール・ナタール州, 南アフリカ航空, グレート・トレック, 南アフリカ共和国のワイン, ロリー・バーン, ソウェト蜂起, アフリカーナー, 東ケープ州, 南アフリカ共和国の政党, リンポポ州, 西ケープ州, アフリカ民族会議, 北西州, ダニエル・フランソワ・マラン, フリーステイト州, ハウテン州, チーター, 南アフリカの大統領, 2006 ワールド・ベースボール・クラシック南アフリカ代表, サンシティ, 北ケープ州, ヘレン・スズマン, バントゥースタン, ダーバン, ブルームフォンテーン, サン人, ネドバンク・カップ, 南アフリカの国旗, ポート・エリザベス, タボ・ムベキ, トランスヴァール共和国, ヴァラー級フリゲート, キンバリー, ケープタウン・スタジアム, 南アフリカ共和国の都市の一覧, ムプマランガ州, キャスパー装甲兵員輸送車, 南アフリカ連邦, ボプタツワナ, グラーフ=ライネ, ジョージ, カレマ・モトランテ, ジェームズ・バリー・ミューニック・ヘルツォーク, SUNSAT, ピート・ジュベール, ハウトレイン, サントン, アフリカーナー抵抗運動, シビーン, ルイス・ボータ, ポチェフストルーム, ポロクワネ, 南アフリカ国防軍, シャカ・ズールー, イシカタミア, ラーテル歩兵戦闘車, グラハムズタウン, トランスカイ, フリーステイト・スタジアム, イースト・ロンドン, セテワヨ・カムパンデ, 国民党, 南アフリカ人の一覧, マフィケング, リンポポ川, FNBスタジアム, キャラミ, ウィリアム・ホルフォード, ブッフェル装甲兵員輸送車, 野球南アフリカ共和国代表, 南アフリカの国歌, オレンジ自由国, ツワネ, 南アフリカの呼び声, トランスネット, ネルソン・マンデラ・ベイ, AH-2ローイファルク, 2009 ワールド・ベースボール・クラシック南アフリカ代表, ネルスプロイト, エリス・パーク・スタジアム, エクルレニ都市圏, 喜望峰, シドニー・ブレナー, 民主同盟, ロフタス・ヴァースフェルド・スタジアム, ナショナルロード, ズールー人, ウルンディ, MTN 8, シスカイ, ヘレン・ツィレ, ルステンブルク, アドルフ・マラン, アイスホッケー南アフリカ共和国代表, 国民議会, マンバ装甲兵員輸送車, ケープタウン国際空港, 南アフリカ海軍艦艇一覧, ネルソン・マンデラ・ベイ・スタジアム, ソト語, F区, ロイヤル・バフォケン・スタジアム, ヤン・ファン・リーベック, アラン・コーマック, E区, ベイリーズ・サウス・アフリカン・シャープシューターズ, バッファロー, トニー・レオン, アングロアフリカン, ズールー王国, アヤックス・ケープタウンFC, 南アフリカ共和国憲法, 名誉人種, シャープビル虐殺事件, ビショ, 全国州評議会, コサ語, マンガウング, 南アフリカフィギュアスケート選手権, .za, ヴェンダ, サラ・バートマン, バレーボール南アフリカ共和国男子代表, 北ソト語, アンドリース・トリューニヒト, カールトン・センター, エレナ・マイヤー, スティーヴン・ゴールドブラット, ルーイカット装甲車, ソル・プラーチェ, ポルトガル系南アフリカ人, ムスンドゥジ, ムボンベラ, ブッシュバックリッジ, エムフレニ, ムブーベ, 南アフリカ準備銀行, スラメラ, ロボスレイル, マカド, 南アフリカ大学, ツワナ人, バール川, シャンガーン人, ボ・カープ, ジョアンナ・ブーイソン, JSE, ニューランズ・スタジアム, 南アフリカの国章, ムボンベラ・スタジアム, スワジ語, ピーター・モカバ・スタジアム, カラード, アザニア人民機構, アガラス, フェリーニヒング条約, オレンジ川植民地, 神よ、アフリカに祝福を, アジア系南アフリカ人, 1タイム, パガド, ナタール共和国, 南アフリカ国立宇宙機関, コサ人, 在南アフリカ日本人, 南アフリカ放送協会, ブルームフォンテーン協定, ユニオンビル, ヘクター・ピーターソン博物館, キングス・パーク・スタジアム, ショショローザ・メイル, 南アフリカ空港会社, コイコイ人, ロジ語, デネル・エアロスペース・システムズ, 背徳法, ヴェンダ語, ニューランズ・クリケット・グラウンド, インターエア・サウスアフリカ, ダイアナ・ラッセル, ゴールド・リーフ・シティ, アスローン・スタジアム, 国民会議, 南アフリカ国立動物園, ヒルブロウ, キャッスル・オブ・グッドホープ, ツォンガ語, 南部アフリカ聖公会, アガラス岬, テルコムSA, コカ・コーラ・ドーム, ヒルブロウ・タワー, ヨハネスブルグ美術館, ヨハネスブルグ動物園, ユニオン=キャッスル・ライン, ランド空港, 南アフリカ共和国の高速道路, アパルトヘイト博物館, プレトリア大学, クリューガー・ハウス, ライオンパーク, ケープ地方, 地方自治体, 自由の日, ガビン・レイ, パス法, ネットケア, ゲイリー・レヴィンソン, スワジ人, 雑婚禁止法, Probing Lensing Anomalies Network, インカタ自由党, ウィットウォーターズランド, コマチ川, ダーバン外郭環状道路, 南アフリカ標準時, サンシャインツアー, 第25飛行隊, 第27飛行隊, 第24飛行隊, 第30飛行隊, 第40飛行隊, 第10飛行隊, 第7飛行隊, 第12飛行隊, 第6飛行隊, 第11飛行隊, 第8飛行隊, 第1飛行隊, 第31飛行隊, 第26飛行隊, 第103飛行隊, 第109飛行隊, 第42飛行隊, 第5飛行隊, 第3飛行隊, アガラスバンク, 第4飛行隊, 自由憲章, 南アフリカ・インド人会議.

Random excerpt from the book:
...南アフリカ共和国(みなみアフリカきょうわこく)、通称南アフリカは、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。東にスワジランド、モザンビーク、北にジンバブエ、ボツワナ、西にナミビアと国境を接し、レソトを四方から囲んでいる。南アフリカは首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させているが、各国の大使館はプレトリアに置いていることから、国を代表する首都はプレトリアと認知されている。 かつては有色人種に対する人種差別で知られ、それはアパルトヘイトと呼ばれる1994年までの合法的な政策によるものであった。金やダイヤモンドの世界的産地であり、民主化後の経済発展も注目されている。アフリカ最大の経済大国であり、アフリカ唯一のG20参加国である。2010年のGDPは3544億ドル(約30兆円)であり、神奈川県とほぼ同じ経済規模である。従来のBRICs(ブラジル (Brazil)、ロシア (Russia)、インド (India)、中国 (China)、sは複数形)に加え、BRICSとしてSが南アフリカ (South Africa) を表す用法も定着しつつある。また、BRICsからロシアを除いて南アフリカを加えたIBSAC (India, Brazil, South Africa, China) という用語が、G7でイギリスによって提唱されたこともある。しかしエイズの蔓延、教育水準の低い非白人の貧困、治安の悪化など懸念材料も多い。 医学において、世界で初めて心臓移植を行った国である。1967年12月、黒人の女性ドナーより提供を受けて、心臓病の白人の男性に移植を行った。背景には南アフリカに横たわる黒人と白人の差別があった。 11の公用語を採用しており、公用語で正式名称も異なる。 独立後、イギリス連邦を脱退する1961年迄は「南アフリカ連邦」と呼ばれていた。 詳細は「南アフリカ共和国の歴史」を参照 南アフリカ共和国年表も参照。 ヤン・ファン・リーベックのケープ上陸。紀元前数千年頃から、狩猟民族のサン人(ブッシュマン)と、同系統で牧畜民族のコイコイ人(ホッテントット:吸着音でわけのわからない言葉を話す者の意)が居住するようになった。また、300 - 900年代に現在のカメルーンに相当する赤道付近に居住していたバントゥー系諸民族が南下し、現在の南アフリカに定住した。 ヨーロッパで大航海時代が始まった15世紀末の1488年に、ポルトガル人のバルトロメウ・ディアスがアフリカ大陸南端の喜望峰に到達した。 1652年にオランダ東インド会社のヤン・ファン・リーベックがこの地に到来し、喜望峰を中継基地とした。喜望峰は航海上の重要な拠点として注目されたからである。以後、オランダ人移民は増加し、ケープ植民地が成立した。この植民地にて形成されたボーア人(Boer アフリカーンス語読みでブール人とも呼ばれるが、以下ボーア人で統一)の勢力拡大と共に、コイ人やサン人などの先住アフリカ人との争いも起きた。一方で、ボーア人と彼らや奴隷との混血も進んだ。 18世紀末には金やダイヤモンドの鉱脈を狙ってイギリス人が到来した。ボーア人とイギリス人は対立し、フランス革命戦争中の1795年にイギリスのウィリアム・ベレスフォード将軍がケープタウンを占領した。 イギリスの強制収容所でのボーア人の女性と子供。ナポレオン戦争終結後、19世紀初頭にケープ植民地はオランダからイギリスへ正式に譲渡され、イギリス人が多数移住した。イギリスの植民地になり英語が公用語となり、同国の司法制度が持ち込まれるなどイギリスの影響が強まった。イギリス人の増加と共に英語を解さないボーア人は二等国民として差別され、自らをアフリカーナーと呼ぶようになった(以下ボーア人をアフリカーナーとする)。奴隷労働が廃止されると、奴隷制に頼っていたアフリカーナーの農業主は反発し、北東部の奥地へ大移動を開始した(グレート・トレック)。アフリカーナーはバントゥー系のズールー人やスワジ人、ツワナ人など先住アフリカ人諸民族と戦いながら内陸部へと進みトランスヴァール共和国やオレンジ自由国、ナタール共和国を建国した。しかし、セシル・ローズに代表されるように南アフリカ全土を領有することを求めたイギリスとの対立から2回にわたるボーア戦争に発展し、第一次ボーア戦争ではアフリカーナーの両国がイギリスを退けたが、第二次ボーア戦争では敗北し、それらも全てイギリスの手に落ちた。アフリカーナーのみならず、独立していた先住アフリカ人諸民族のアフリカーナーとイギリス人双方に対する抵抗も続いたが、1879年のズールー戦争のように抵抗した民族は全て敗れ、南アフリカはほぼ完全にイギリスに支配された。 19...

More general books:

南部アフリカ | Details

More specific books:

南アフリカ共和国の人物 | Details

南アフリカ共和国の歴史 | Details

南アフリカ共和国の文化 | Details

南アフリカ共和国の政治 | Details

南アフリカ関連のスタブ項目 | Details

Tips

To download a PDF ebook for $9.99 please click the download link. We recommend you pay by credit card. If you ask Paypal to pay from your bank account it will take them up to four business days to send your order to us. You can read the ebooks on your PC, Kindle, Nook, iPad, Android or other mobile device; see our FAQ page for instructions.

To download four books a month online for free simply join our library book club for $14.99 a month. Then login to your account before clicking the Download link.

To get a printed copy, click the Paperback link for a list of resellers.

Downloads marked "PDF/scan" may have notations, faded type, yellowed paper, missing or skewed pages, etc. Paperbacks marked "OCR" may have numerous typos, missing text, with no illustrations or indexes. Books with Wikipedia or Wikia in the author field have content which was on those sites as of the publication date.

View website in العربية | български | català | česky | Dansk | Deutsch | Ελληνικά | Español | suomi | Français | हिन्दी | hrvatski | Indonesia | Italiano | עברית | 日本語 | 한국어 | Lietuvių | latviešu | Nederlands | norsk | Polski | Português | Română | Русский | slovenčina | slovenščina | српски | Svenska | Filipino | українська | Tiếng Việt | 中文 (简体) | 中文 (繁體) | © 2014. All rights reserved.