ロシアのオリンピック選手

ロシアのオリンピック選手 PDFdownload $9.99 (free for members) | Paperback

Author: Wikipedia (That means the book is composed entirely of articles from Wikipedia that we have edited and redesigned into a book format. If you would prefer to read the unedited articles in their old format for free, we have provided a list of the article titles under "chapters" below. Simply go to Wikipedia and use their search form to locate each individual article.)

Language: JA

Pages: 76

Year published: 2011

Chapters: エフゲニー・プルシェンコ, スベトラーナ・クズネツォワ, ナディア・ペトロワ, ベラ・ズボナレワ, ディナラ・サフィナ, ニコライ・ダビデンコ, ミハイル・ユージニー, ドミトリー・トゥルスノフ, エレーナ・ベスニナ, エレーナ・イシンバエワ, エレーナ・デメンチェワ, リュドミーラ・プリヴィーフコヴァ, タチアナ・レベデワ, イゴール・アンドレエフ, エフゲーニャ・アルタモノワ, エカチェリーナ・ガールキナ, アレクサンドル・カレリン, マラト・サフィン, アンナ・シードロヴァ, ヴィアチェスラフ・エキモフ, ワレリー・ボルチン, ヤロスラフ・リバコフ, スベトラーナ・ホルキナ, オルガ・スリュサレヴァ, エレーナ・リホフツェワ, ドミトリー・パヴロヴィチ, アンナ・クルニコワ, コンスタンチン・チュー, アナスタシア・ミスキナ, エフゲニー・カフェルニコフ, テア・ドングザシビリ, アレクセイ・ネモフ, アレクセイ・ベルボフ, ユリア・ペチョンキナ, アンナ・チチェロワ, エカテリーナ・ガモワ, オルガ・カニスキナ, スベトラーナ・マステルコワ, セルゲイ・テチューヒン, ワジム・ハムツキフ, ユリ・プリルコフ, ルスラン・オリフベル, セミョン・ポルタフスキー, ユーリー・ベレジュコ, アレクセイ・クレショフ, アレクサンドル・コサレフ, グルナラ・ガルキナ=サミトワ, アレクセイ・オスタペンコ, ドミトリー・フォーミン, リリア・ショブホワ, セルゲイ・グランキン, スベトラーナ・フェオファノワ, スタニスラフ・ディネイキン, アンナ・アルミノワ, イゴール・チュレポフ, マキシム・ミハイロフ, タチアナ・コトワ, アレクサンドル・ボルコフ, アレクセイ・カザコフ, オリガ・クゼンコワ, ミハイル・イグナティエフ, アレクセイ・スミルノフ, パーベル・アブラーモフ, リュボフ・シャチコワ, ワレンティナ・エゴロワ, アレクサンドル・コルネーエフ, ロマン・ヤコブレフ, ユーリー・ボルザコフスキー, ズルフィヤ・ザビロワ, アレクサンドル・コロブネフ, イリーナ・ハバロワ, コンスタンチン・ウシャコフ, ニコライ・パニン, エレーナ・プロホロワ, オレーク・シャトーノフ, ウラジミール・フェドロフ, エレーナ・スレサレンコ, イリア・サベリエフ, イゴール・パシケビッチ, エレーナ・チューリナ, タチアナ・リセンコ, デニス・ニジェゴロドフ, セルゲイ・マカロフ, タチアナ・チェルノワ, エレーナ・ニコラエワ, アレキサンダー・オベチキン, マクシム・オパレフ, エフゲーニ・ミトコフ, アンドレイ・ブキン, パーベル・シシュキン, エレーナ・エレシナ, イリヤ・マルコフ, アンドレイ・シルノフ, ナタリア・ベステミアノワ, セルゲイ・シュプレツォフ, スタニスラワ・コマロワ, イリナ・カレンティエヴァ, ナタリア・サドワ, エカテリーナ・ヴォルコワ, ナタリヤ・サフローノワ, エレーナ・ゴーディナ, タチアナ・ペトロワ, インガ・アビトワ, ドミトリ・マズノフ, イリーナ・メレシナ, エレーナ・ザモロドチコワ, イリナ・テベニヒナ, マリア・アバクモワ, セルゲイ・キルジャプキン, エフゲニー・ルキャネンコ, マハルベク・ハダルツェフ, グンダレンコ・スベトラーナ, アリベルト・デムチェンコ, オルガ・ポタショーワ, イリーナ・チャシナ, デニス・アレクセーエフ, アントン・ココリン, マリア・キセリョーワ, ハッサン・バロエフ, ダビッド・ムスルベス, マブレット・バチロフ, ユーリ・ポドラドチコフ, スヴェトラーナ・グラディシェワ, ブバイサ・サイティエフ, イリナ・ティモフェーエワ, セルゲイ・クリュギン, アナスタシア・エルマコワ, アンドレイ・モイセエフ, ワレリー・ストリャロフ, アナスタシア・ダビドワ, アダム・サイティエフ, アレクセイ・ヴォエヴォダ, アレクサンドル・トレチャコフ, ワルテレス・サムルガチェフ, アレーナ・カルタショワ, アスランベク・フシュトフ, イスラム・アルビエフ, ナズリュ・マンキエフ, ハジムラト・ガツァロフ, シルバニ・ムラドフ, ベシク・クドゥホフ, サギド・ムルタザリエフ, ワディム・ボギエフ, ハジムラド・マゴメドフ, エラ・ディール, グレゴリー・ケトエフ, ザファー・グリエフ, アルセン・ギチノフ, ムラト・ウマハノフ, サジド・サジドフ, バフティヤル・アフメドフ, ムラト・カルダノフ, グーゼル・マニウロワ, マハチ・ムルタザリエフ, アレクセイ・ミチン, アレクセイ・グルチコフ, ゲイダル・マメダリエフ.

Random excerpt from the book:
エフゲニー・ヴィクトロヴィチ・プルシェンコ(ロシア語: イヴギェーニイ・ヴィークタラヴィチュ・プリューシンカ、ラテン翻字: 、1982年11月3日 - )は、ロシアの男性フィギュアスケート選手(男子シングル)でサンクトペテルブルク立法議会議員。2006年トリノオリンピック金メダリスト。2002年ソルトレイクシティオリンピック及び2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。世界選手権優勝3回、欧州選手権優勝6回、グランプリファイナル優勝4回。ロシア連邦スポーツマスター。ロシア人名愛称ではジェーニャ。 1987年2月25日、4歳でフィギュアスケートを始める。2か月後には初めての試合に出場、15人中7位に入る。6歳から一旦招集されると数か月も続く合宿、日々の練習の合間に学校に行く生活に入る。7歳の時にはサマーラで行われた全ソ規模のノービス競技会クリスタルスケート(現在のCISクリスタルスケート)で初優勝、競争相手は全員10~11歳の少年たちで最年少での優勝だった。 1994年5月に高名なコーチのアレクセイ・ミーシンを頼り、11歳にして家族と離れ、単身サンクトペテルブルクへ移住。プルシェンコはこの幼少期の経歴ゆえソビエトシステムが生んだ最後の遺産とも呼ばれる。 当時ミーシンのグループは1994年のリレハンメルオリンピックで金メダリストとなるアレクセイ・ウルマノフや、後に激しいライバル対決を繰り広げる事になるアレクセイ・ヤグディンも師事しているエリート集団だった。グループに加わった当初はミーシンの関心も低く、12歳で初めて出場した国際的な大会にもミーシンではない別の大人が付き添った。しかしプルシェンコはここでも頭角を現しミーシンの注目を獲得。13歳になるとシニアの大会にも参加するようになる。 初出場した1996年世界ジュニア選手権(1995年11月26日~12月2日、オーストラリアブリスベン開催)では出場選手中最年少で6位入賞。翌年の1997年世界ジュニア選手権(1996年11月24日~12月1日、韓国ソウル開催)では14歳で優勝。これは2010年現在も史上最年少記録である。 1997/1998シーズンからはシニアに本格参戦しISUグランプリシリーズのスケートアメリカとロシア杯、また欧州選手権でも初出場で2位になるなど大健闘。イリヤ・クーリックの棄権により急遽初出場することとなった1998年世界選手権では、弱冠15歳にして三位表彰台に乗り史上最年少メダリスト(現在も世界記録)となるなど華々しいデビューを飾った。 1998/1999シーズンからは主要な競技会で優勝を重ねるようになり、1999年世界選手権では前年度より1つ順位を上げ2位になる。 1999/2000シーズンは欧州選手権まですべて優勝、ロシア選手権と欧州選手権で世界王者ヤグディンに2連勝を果たした。だが、優勝候補の筆頭に挙げられて臨んだ世界選手権ではフリーで大崩れし、まさかの4位に終わった。 翌2001年世界選手権では前回王者のヤグディンを抑え初優勝、その他のタイトルも総なめにした。 勢いはこのまま続くかと思われたが、2001/2002シーズンのグランプリファイナルでヤグディンに敗北すると、これに危機感を抱いたプルシェンコチームは急遽フリープログラムをビゼーのカルメンに変更。約1ヵ月後に迫ったソルトレイクシティオリンピックのため猛練習を重ねプログラムを完成させる。しかしプルシェンコはこの練習により右足首を負傷した。迎えたオリンピック本番ではショートプログラム冒頭の4回転トウループで「まさかの」転倒、4位でフリースケーティングに臨むこととなった。自力優勝の可能性が消え背水の陣で臨んだフリーでは、4回転トウループ-3回転トウループ-3回転ループという超高難易度のコンビネーションジャンプに挑戦(3つ目のループはステップアウト)、また3回転アクセル-ハーフループ-3回転フリップというこちらも超高難易度のシークエンスジャンプを成功させるなどして追い上げ2位に浮上、銀メダルに輝く。だが、そこに喜びの表情はなく、首に掛けられた銀メダルを早々にしまいこんでいた。直後の2002年世界選手権は右足首の怪我の悪化を理由に欠場した。 2005年ロシア選手権のプルシェンコ2003年に常に表彰台の1位と2位を争っていたライバルのヤグディンが引退すると、2003年世界選手権、2004年世界選手権を2連覇。独走態勢に入る。ただし2003年のグランプリファイナルでは、当時のルール下は2回までと決められていたコンビネーションジャンプを3回飛ぶという回数制限違反を犯し、まさかの準優勝となった。 2003年夏に出演した日本のアイスショーで氷の溝にはまり半月板を損傷して以来、故障に悩まされてきたが、自国開催の200...

More specific books:

ロシアのオリンピック金メダリスト | Details

ロシアのオリンピック銀メダリスト | Details

ロシアのオリンピック銅メダリスト | Details

オリンピックフィギュアスケートロシア代表選手 | Details

More books like ロシアのオリンピック選手

Tips

To download a PDF ebook for $9.99 please click the download link. We recommend you pay by credit card. If you ask Paypal to pay from your bank account it will take them up to four business days to send your order to us. You can read the ebooks on your PC, Kindle, Nook, iPad, Android or other mobile device; see our FAQ page for instructions.

To download four books a month online for free simply join our library book club for $14.99 a month. Then login to your account before clicking the Download link.

To get a printed copy, click the Paperback link for a list of resellers.

Downloads marked "PDF/scan" may have notations, faded type, yellowed paper, missing or skewed pages, etc. Paperbacks marked "OCR" may have numerous typos, missing text, with no illustrations or indexes. Books with Wikipedia or Wikia in the author field have content which was on those sites as of the publication date.

View website in العربية | български | català | česky | Dansk | Deutsch | Ελληνικά | Español | suomi | Français | हिन्दी | hrvatski | Indonesia | Italiano | עברית | 日本語 | 한국어 | Lietuvių | latviešu | Nederlands | norsk | Polski | Português | Română | Русский | slovenčina | slovenščina | српски | Svenska | Filipino | українська | Tiếng Việt | 中文 (简体) | 中文 (繁體) | © 2014. All rights reserved.